CMポートクリニック 不妊治療・高度生殖医療を専門としたクリニック

CM PORTCLINIC  〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17 CM-PORTビル B1F          045-948-3761

Home > タイムラプスインキュベーターについて

タイムラプスインキュベーターについて

体外受精において卵子と精子を受精させて受精卵(胚)にすることはご存知かと思います。
その時に受精卵を培養する機器をインキュベーターと言います。

 

内部は子宮の中と同じ環境に設定され、温度37.0℃、酸素5%、二酸化炭素5~6%で常に一定に整えられています。まさに胚にとって最も居心地の良いお母さんのお腹の中を体外で再現するように設計されています。

 

ただ、今までのインキュベーターは胚の成長を観察するために機器の外に出す作業があります。受精卵にとって外気と触れ合うことは、光への暴露、温度変化、pH変化を受けるため、成長に少なからず影響を及ぼす可能性がありました。

 

いくら必須の作業で短時間でもそれが胚にストレスをかけていることが胚培養士の悩みでもあり、課題でした。

 

その課題解決のために当院では、タイムラプスインキュベーターを導入しております。

 

タイムラプスインキュベーターとは、培養機器(インキュベーター)とカメラが一体化した培養装置です。

 

観察時に胚を外へ出す必要がないため、胚へのストレスを最小限にすることが可能になりました。一度撮影された画像は動画として再生することができ、離れた場所からでも分析することができます。

 

従来の受精確認および胚の観察は、決まった時間にインキュベーターから胚を取り出し、顕微鏡下でその瞬間の形態のみで状態を判断していました。

 

しかし、胚の成長には個体差があり、特に顕微鏡下での受精確認は正確な受精が判断できない胚が約10%存在していることが分かっています。これは、受精確認で観察する前核と呼ばれる卵子および精子由来の核が数時間経過すると消失する為です。

 

タイムラプスインキュベーターでは、時間をさかのぼって観察が出来るため、前核消失時間に個体差があっても、形態変化を見逃すことなく正確に受精確認できるようになりました。また、搭載されているDeep Learningを用いたAI技術との併用で、より作業効率が向上しています。

cIVFの動画

ICSIの動画

CMポートクリニック 院長:安部裕司 電話:045-948-3761アクセスお問い合わせ