CMポートクリニック 不妊治療・高度生殖医療を専門としたクリニック

CM PORTCLINIC  〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17 CM-PORTビル B1F          045-948-3761

Home > クラミジア感染症について

クラミジア感染症について

クラミジア感染症は性感染症のうちで最も頻繁に認められ、自覚症状がほとんどないために知らない間に感染し、広がっていく傾向にあります。特に不妊症においてはその関連性は高いといわれております。

クラミジアとは?

クラミジアは細菌に分類される小微生物(直径300~1000nm・ウイルスより少し大きい)で、グラム陰性細菌に類似した微生物です。クラミジアは特異な増殖形態を持ち、人の細胞に感染すると細胞内に進入し、細胞質内で分裂増殖を行います。

 

48~72時間程度で増殖し、クラミジアは細胞を破壊し細胞外へ放出され、外へ出たクラミジアは他の細胞へと入り込み更に増殖を行って繁殖していきます。

 

そしてクラミジア属はpneumoniae, psittaci, pecorum, trachomatisと種類がありますが、性感染症の原因となるものはtrachomatis(トラコマ-ティス)だけです。

クラミジアと不妊の関係

女性がクラミジアに感染した場合、その体の構造から速やかに上腹部へと感染が浸透していき、短期間に腹腔内へ波及する恐れがあります。

 

感染初期には自覚症状がない場合が多いので、知らないうちに長期間を経て骨盤腔へ波及し、卵管閉塞、卵管周囲癒着を引き起こし不妊症の原因となる傾向があります。

 

女性不妊症患者の所見をみるとクラミジア抗体陽性者の半数以上に卵管周囲の癒着や卵管閉塞があるといわれております。また、妊婦に感染するとプロスタグジンを活性化させるので、陣痛誘発させ、妊娠初期では流産の原因となり、妊娠中期では早産の原因となっています。

クラミジアの検査とは?

検査法にはクラミジアを直接検出する「抗原検査」と、間接的に調べる「抗体検査」とがあります。前者はクラミジアの病原体の一部を検出する方法であり、これが陽性であることはクラミジアが存在していることを意味します。

 

この抗原検査ができるのは実際に罹患部位から検体を採取できる場合に限られます。即ち、子宮頸部の細胞や尿を用いた検査がこれに相当します。

 

一方、後者は血液検査により「抗体」の有無を調べるものです。「抗体」とは細菌などに感染した際に身体が作り出す免疫ですが、この抗体により感染の有無を判定する方法です。

 

子宮頸管に感染したクラミジアは徐々に上行性に移行するため、頸管部の抗原検査では検出できなくなることがあり、判定はより難しくなります。従って、当院では抗体検査をメインに実施しております。

クラミジアの治療

男女ともにクラミジアに有効な抗生物質7~14日間飲みます。炎症がひどくて腹痛や発熱がある場合は、点滴による治療が必要になることもあります。治療後に再度検査を行い、結果が「陰性」になっていることを確認できれば「完治した」といえます。

 

パートナーがいる場合は相手も同時に治療する事が重要です。どちらか片方しか治療を行わなかった場合、一度治っても、治療後に性交渉を行えば未治療のパートナーから再度感染することになり、いつまでも完治できません。治療後の検査で再度「陽性」が出た場合は、抗生物質の種類を変えて結果が「陰性」になるまで治療を行います。

クラミジアにならないために

クラミジアにならないようにするにはいくつかのポイントがあります。かかってもなかなか自覚症状がない場合もあるので、まずは罹らないための工夫を身につけることが大切だと思います。そしてかかっても早期発見・早期治療が必須です。

1) コンドームの使用
2) パートナーの固定化(安全なパートナーとだけ性交渉する)
3) 「感染の可能性が高い」と自分で心当たりがある人は早めに検査・治療すること。また定期的に検査すること。

最近、特に問題になっているのが風俗店での咽頭クラミジアの増加です。クラミジアの感染は性器のみではありません。オーラルセックスによる咽頭への感染も増えており、咽頭から性器への逆感染も増えているわけです。そのことも充分に注意が必要です。

CMポートクリニック 院長:安部裕司  電話:045-948-3761交通アクセスお問い合わせ