用語解説

胚盤胞移植

受精卵が子宮内に着床する時期は、受精からおよそ5〜6日目の胚でその時期の胚を、胚盤胞といいます。
体外で受精させた胚を、胚盤胞になるまで成長させてから、子宮に移植することをいい、より自然に近い状態で子宮に移植されるので妊娠率の向上が期待されています。