用語解説

レーザーAHA(アシステッドハッチング 人工孵化)

胚(受精卵)が、子宮内に着床するには、胚を包んでいる透明な殻を破る必要があります。体外受精の場合は、その殻が硬かったり、厚かったりするために、殻を破るタイミングと子宮内膜に侵入するタイミングがずれてしまうことがあります。
レーザーAHAでは、レーザーによって殻に小さな穴をあけで殻を破りやすくします。レーザーは殻の部分にしか作用しないので赤ちゃんに影響を及ぼすことはありません。